ConoHa WINGでWordPressを設定する12の手順

6 min 90 views
conohawing

国内最速のレンタルサーバーのConoHa WING(コノハウィング)を契約しました。

理由は、やっぱり国内最速の表示スピードでしょう!

表示が遅いと記事の離脱率も高くなります。

そして、料金や独自ドメイン取得でもConoHa WING(コノハウィング)が他のレンタルサーバーよりもメリットが大きいですね。

なんと、この記事を書いた直後にWordPressかんたんセットアップが開始されました。
当記事はご参考までに活用して下さい。

ConoHa WINGで契約したプランをご紹介します。

最初は手続きやドメイン取得など難しいと思ってました。

しかし、入力の手順通りに進めていけば思ったより、簡単でしたよ。

それでは、設定手順をご紹介します。

契約の時に、サイト名やクレジットカード情報・メールアドレスを入力するところがあります。
事前に準備しておきましょう。
特に、サイト名が決まってない場合は、決めておいた方が入力の時に悩まないでいいですよ。

手順1 ConoHa WING(コノハウィング)を申し込む

ConoHa WING(コノハウィング)の「今すぐお申し込み」をクリック

WordPressかんたんセットアップの提供が開始されました。

当記事の12の手順より、かんたんに設定出来そうですね。

手順2 メールアドレス・パスワードを入力する

向かって左側の「初めてご利用の方」のメールアドレス・パスワードを入力する。

「次へ」のボタンをクリック

手順3 契約プランを選択・初期ドメインを作成

「WINGパック」はレンタルサーバーと独自ドメインがセットになってます。長期利用割引プランがおすすめです。

WINGパックでの契約月が長いほど、月々の料金は安くなります。

今回は12ヶ月契約にしました。

ブログを長く続けると腹を決めるためにもね。

・料金タイプはWINGパックと通常料金(時間単位)と選択出来ます。

・プランはベーシックで充分です。

・月々900円 (ベーシックタイプ・ 12ヶ月契約だと1200円の25%OFF!) 

・年間だと10,800円

途中からプランの変更も可能ですよ。(例えば、通常料金からWINGパックへ変更、またWINGパックのスタンダードからベーシックプランへ変更)

リザーブドプランも選択出来ます

リザーブドプランとはCPU・メモリを1契約毎に割り当てられているので、急激なアクセス増加でも安定したサイト運営が出来ます。

注意:WINGパックはお得ですが、途中での解約は出来ません。契約する時はよく検討して下さい。

WINGパックのサーバー契約、ドメイン契約については契約期間単位での契約となるため、契約期間中の途中解約は出来ません。

ConoHa WING公式サイトより

プランを決めたら次に進みましょう。

料金プランの下にある、初期ドメイン・サーバー名を入力していきましょう

・初期ドメインは好きな文字でOKです。(後の設定で独自ドメインを作成します)

・サーバー名は好きな文字でOKです。(そのままでもかまいません)

手順4  名前・住所・電話番号を入力

法人化してない人は法人名は特に記入しなくても大丈夫です。

入力したら「保存」をクリック

手順5 電話番号を入力(SNS認証・電話認証)・クレジットカード情報入力

電話番号の欄に電話番号を入力して、SMS認証か電話認証を選択しましょう。

私はSMS認証にしました。

電話番号を入力して、SMS認証ボタンをクリックすると、ショートメールが送信されます。

ConoHa認証コード ○○○○ と数字4桁がショートメールでとどきます。

「メッセージを送信しました。確認の上、認証コードを入力してください」

のメッセージの画面の認証コード枠に4桁の数字を入力して送信ボタンをクリック

そうしたら、クレジットカード情報が入力出来るようになります。

次にクレジットカード情報を入力していきましょう。

クレジットカードを持たれてない人や使えない人はConoHaチャージ(前払い式)でコンビニや銀行

決済(pay-easy)でも支払いが出来ます。

ConoHaカードやConoHa学割など、支払い方法も充実してますね。

お支払いの決済画面にで決済をクリックして完了

支払いが終わると、「ご利用料金の支払いを確認しました」メールが届きます。

届いたメールにConoHaアカウントも記載されてますので、メモして控えておきましょう。

手順6 無料独自ドメインの設定

「WINGパック」の契約が継続されている間は、独自ドメイン取得・更新料金は0円。永久無料でご利用出来ます!

通常「お名前.com」で独自ドメインを取得や更新をすると、数千円するのがWINGパックだと無料なんです!これはすごい。

ドメイン新規取得→追加するをクリック

手順7 ドメイン名を入力します(独自ドメイン取得)

ドメインとは「インターネット上の住所」のことです。
膨大なWebサイトの中で、私のサイトはここにありますよ、と分かるようにするためです。

最初の方で作成した初期ドメインはConoHa WINGが提供しているドメインです。作成した名前の後がconohawing.comとなっているのが分かります。

ドメイン名は好きな文字でいいですが、ブログタイトルやブログに関連ある文字がおすすめです。

例:ブログタイトルkazunoblog ドメイン:kazunoblog.org

好きなブロガーのサイトを見て、ドメイン名を確認してみるのもいいかもしれません。

ドメイン名が決まったら入力してみましょう。

kazunoblogと入力してみました⬇️

すでに、kazunoblog.comのドメイン名で取得されてました。✖️マークがついてます。

✖️マークのついているドメイン名は取得出来ません。

comなどが無難ですが、取得出来ないので、今回はorgを取得しました。

カートに追加をクリック→次へをクリック

手順8 ドメイン取得の情報を入力(ローマ字入力)

ローマ字入力なので、番地町村の入力に注意!

例:✖️sakuraokacho 26-1 ⭕️26-1sakuraokacho

入力が完了したら→次へをクリック

決定ボタンをクリック

お疲れ様でした、ここで一息付きましょう。

次の手順からWordPressの設定に入っていきます。

ブログ作成まで、後一歩です。

手順9 WordPress(ワードプレス)の作成

WordPressを作成しますか?と画面に表示されます。

「作成する」をクリックする。

作成した無料独自ドメインを選んで、「次へ」をクリック

今回だと、2つのドメインの下にあるkazunoblogの方を選びます。

「次へ」をクリック

手順10 WordPress(ワードプレス)をインストールするための情報を入力

それぞれの項目を入力していきます。

・バージョンは最新の5.4.0

・URLはwwwあり、なしどちらでもいいです。

・http(s)//www.kazunoblog.org/の後ろの枠は空欄でいいです。

・サイト名・メールアドレスを入力  (例:サイト名 kazunoblog)

・パスワード (半角英数字と記号も含めて下さい)

・データベース名・ユーザー名・パスワードを入力 (データベース名・ユーザー名はそのままでもOK)

・コントロールパネルプラグイン・自動キャッシュクリアプラグインもレ点を付けたままで大丈夫です。

下記はレ点を付けたプラグインの説明文です。

入力したら右下の保存をクリック

手順11 WordPress(ワードプレス)をインストールする

WordPressのインストール完了まで数分かかる場合があります。

インストールが完了したら、次の手順に進みます。

手順12 かんたんSSL化設定をします

画面中央あたりのかんたんSSL化をクリック

SSL化のSSLとはSecure Socket Layer の略語です。
簡潔に言うと、暗号化する事です。
暗号化通信が出来る事で、サイトの安全性や信頼性が高まります。

ちなみに、httpとは、 「Hyper Text Transfer Protocol」の略です。 

ConoHaWINGの管理画面左のサイト管理→サイトセキュリティ→無料独自SSLの利用設定「ON」をクリック

SSL化するとURLのhttp:// →https:// となりsが付きますので、確認してみて下さい。

後は、テーマを選んでブログを始められます。

WordPressのテーマ「Cocoon」「SANGO」が提供されてるんです。
「JIN」も追加されました。

レンタルサーバーやWordPressの設定の延長線上にWordPressのテーマがインストール出来るなんて、便利ですね。

管理画面の左から右に向かって、サイト管理→サイト設定→WordPressテーマを選んで「次へ」をクリック

無料でブログを始めたい人は「Cocoon」を選びましょう。
デザインや使い勝手にこだわりたい人は「SANGO」「JIN」(有料)を選びましょう。

今回は「Cocoon」を選んでみました。

他にもWordPressの無料・有料テーマは沢山ありますが、今すぐブログを始めたい人は上記のテーマを選ぶと、すぐに記事を書く事が出来ます。

WordPressのテーマは後からでも変更は出来ますが、記事数が多くなるとテーマの変更も大変ですので、じっくり選んでから決めて下さいね。

サイト管理→サイト設定→アプリケーションインストールの画面の一番下に、WordPressのテーマが表示されるのでインストールをクリック→次の画面で決定をクリック

WordPress(ワードプレス)の管理画面ダッシュボードへログインするには、ConoHa WINGのサイト管理→サイト設定→管理画面URLをクリック→ユーザー名・パスワードを入力してログイン出来ます。

WordPress(ワードプレス)の管理画面ダッシュボードの外観→テーマをクリック

そうすると、画面に「Cocoon」が表示されました。「有効化」をクリックします。

これで、記事が書ける準備が出来ました!

ちなみに、この記事はWordPressの無料テーマ「Cocoon」ではないのですが、ブログを書き始めるのに最初からお金をかけたくない人は無料テーマ「Cocoon」で充分です。

ちなみに、この記事は、WordPressの有料テーマ「THE SONIC」で書いてます。

今後は「ConoHa WING」の表示スピード「THE SONIC」についての記事も書いていきますね。

長い間、お付き合いありがとうございました!

まとめ

・レンタルサーバーのConoHa WING(コノハウィング)は国内最速

・WINGパックの契約で、月々の支払い料金が安くなる

・WINGパックで契約すると独自ドメインの更新料が永久無料!(契約している間)

・WordPress(ワードプレス)のテーマ「Cocoon」(無料)「SANGO」(有料)がすぐに選べる

・ブログがすぐ始められる。(ConoHa WINGの契約からWordPressの設定までワンストップ)

kazu

kazu

こんにちは、kazuです。地方で会社員をしながら、副業でブログを始めました。
ブログ・サーバー・VOD・書籍などの記事を書いていきます。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA